>   「場所・持参品情報」

「場所・持参品情報」

オーダーの場所情報や持参品の登録を行います。

 

1.場所・持参品情報

1-1.場所一覧

オーダー 場所一覧

オーダーの新規登録時に作成される、手配実績の初期データを登録します。
※手配実績画面で、実際の稼働や変更に合わせて上書きで登録することができます。スタッフ用画面や、指示書に表示したい情報を入力してください。

登録済みオーダーの場所参照 場所選択ダイアログから場所を検索して追加することができます。
「基本情報」タブの「クライアント」欄で選択されているクライアントと同じクライアントで、他のオーダーに登録されている場所情報を参照して、場所一覧に追加が可能です。
ダイアログの検索条件を変更する事で、別のクライアントやオーダーや作業内容で検索して、場所を検索・追加もできます。
空行追加 場所一覧の選択行の下に、空欄の行を1行追加します。
行追加 場所一覧の選択されている行と同じ内容を、1つ下の行に1行追加します。
削除 チェックを入れて登録すると、選択行が削除されます。
指示書 選択行の場所の指示書をダウンロードします。

※オーダーの情報を修正して未登録の場合は、いったんオーダー情報を登録してください。
※画面上部の[指示書ダウンロード]ボタンでは、全場所情報をダウンロードします。(1場所=1エクセルファイル。複数場所があればzipファイルでダウンロードされます。)

表示順 場所の並び順を指定したい場合は、数値で表示順を指定します。※昇順
あとから間に行を入れる場合を考慮して、10,20など10番単位等で登録しておくこともできます。(もちろん、連番にして打ち直してもよいです。)
※帳票など、表に出る数字ではありません。
場所名 作業場所を入力します。
場所略名 作業場所の略名を入力します。
現場担当者 現場担当者を入力します。
現場連絡先 現場連絡先を入力します。
服装 服装を入力します。
入店時間 入店時間を入力します。
スタッフ用画面の「前日確認」時に、予定入店時間として表示されます。
勤務開始 勤務開始時間を入力します。
勤務終了 勤務終了時間を入力します。
休憩(分) 休憩時間を入力します。
夜休(分) 夜間休憩時間を入力します。
※システム設定「稼働関連設定」:深夜時間の自動計算 で設定可能です。

稼働時間 入力した勤務時間から休憩時間を差し引いて自動計算されます。
必要人数を入力します。
必要人数を入力します。
指定なし 性別指定なしの必要人数を入力します。
「男・女・指定なし」の人数について
  • オーダーの新規登録時に、「男」+「女」+「指定なし」の人数分、「手配実績」にデータが作成されます。
  • 修正登録時には、「このオーダーの手配実績データを、入力された稼働日、場所一覧情報で作成する。」にチェックを付けて、そのオーダーの手配実績データをまるごと作成し直す場合にしか反映されません。
  • 手配実績データには性別は表示されません。性別は指示書への表示欄にのみ影響します。
集合時間 集合時間を入力します。
集合場所 集合場所を入力します。
サンプル処理 サンプルの処理方法を入力します。
場所情報 場所情報を入力します。
その他連絡 その他連絡事項を入力します。
ライン表メモ ライン表をCSVダウンロードした際に「MEMO」欄に入力されます。
オーダーや場所情報に入力した内容は、スタッフ用画面で下記のように表示されます。

オーダー スタッフサイト-お仕事詳細

 

 

1-2.持参品

持参品

指示書に出力する持参品の情報を登録します。
当日必要なものが、スタッフが準備するのか、現地に送り込んであるのか、などを記載できます。
見出しの「不要」欄は、コード名称マスタ「持参品の持参者」の「コード1」で変更できます。お客様の会社で「不要」以外をよく使う場合はコード名称マスタで初期値を変更しておくと便利です。
「不要」欄はオーダー毎にも変更出来ます。オーダー特有の準備方法があれば見出しを変更して、各持参品で選択してください。

行追加 空欄の行が追加されます。
全削除 全ての行を削除します。
指定パターンの持参品追加 「持参品パターン」に登録されている持参品を追加します。(入れ替えではなく、追加なので、AパターンとBパターンを追加する、という複数パターンを組み合わせてセット出来ます。)
※「持参品パターン」は、「コード名称マスタ」にて登録できます。
※「持参品マスタ」にてパターン毎の持参品を登録できます。よくある準備するもののパターンを事前に登録しておけば、ここから呼び出せるので、毎回登録する必要がありません。パターンは少し幅広く登録しておいて、不要な行は削除する、という使い方が便利かと思います。
[×] 行を削除します。