>   スタッフへ給与を支払う

スタッフへ給与を支払う

手配実績画面て、スタッフへ給与支払う時のデータ作成手順を説明します。

 

 

1.会社窓口等で現金払いの場合

Step. 説明
手配実績画面の検索条件に、スタッフ(スタッフID、スタッフ名など)+支払(可否:可、未済:未)で検索する。
必要な場合は、実施日(稼働期間)も指定します。
※実施日を未指定にすると、過去分未払いの確認になります。

支払データ作成:検索画面
検索条件に対して、未払いの実績一覧が表示されます。
課税支払金額が、計算したい日額・甲乙丙・控除人数・金額になるように入力して「登録」クリックします。
※同時に、実績内容を確認してください。支払データを作成後は、修正ができなくなります。
「払可」にチェックONします。
※チェックOFFにしている行は、支払いデータ作成されません。
給与支払ボタンをクリックします。

※日額源泉税の場合に、源泉税の設定が異なる行があればエラーメッセージが表示されます。
源泉税の設定を統一させてください。
(同じスタッフで源泉税の設定は混じっては不可、対象の稼働は、支払いデータ作成を別に行ってください。)
ダイアログで、支払いデータとして作成したい内容を選択し、 給与支払いデータ作成をクリックする。
会社窓口等での現金払いの場合は、下記(例)を参考にしてください。

ダイアログ選択(例)

給与一覧:しない
給与明細:する
支払日:指定(基本、処理日になると思います。)
支払方法:現金
領収書:必要な場合は、「出力する」を選択。領収書欄で切ることを前提としています。
明細に出力する日付:稼働日のみ

 

給与支払いデータ作成:ダイアログ
給与明細ワードがダウンロードされます。
※ダウンロードと同時に支払データが作成され、給与一覧(支払指定)で検索可能になります。
※給与明細再ダウンロードは、給与一覧(支払指定)ページで行えます。

 

2.末締め分など、複数スタッフへまとめて給与振込をする場合

Step. 説明
手配実績画面の検索条件に、支払いグループを指定+支払(可否:可、未済:未)で検索する。
必要な場合は、実施日(稼働期間)も指定します。
※実施日を未指定にすると、過去分未払いの確認になります。

給与支払いデータ作成:検索条件
検索条件に対して、未払いの実績一覧が表示されます。
※1000行までしか表示できないので、収まらない場合は、条件を絞り込んでください。
課税支払金額が、計算したい日額・甲乙丙・控除人数・金額になるように入力して「登録」クリックします。
※同時に、実績内容を確認してください。支払データを作成後は、修正ができなくなります。
「払可」にチェックONします。
※チェックOFFにしている行は、支払いデータ作成されません。
給与支払ボタンをクリックします。

※日額源泉税の場合に、源泉税の設定が異なる行があればエラーメッセージが表示されます。
源泉税の設定を統一させてください。
(同じスタッフで源泉税の設定は混じっては不可、対象の稼働は、支払いデータ作成を別に行ってください。)
ダイアログで、支払いデータとして作成したい内容を選択し、 給与支払いデータ作成をクリックする。
末締め分などの場合は、下記(例)を参考にしてください。

ダイアログ選択(例)

給与一覧:表示する
給与明細:する
支払日:振込日を指定
支払方法:振込
振込先:必要な場合は、「出力する」を選択
明細に出力する日付:稼働日のみ

 

給与支払いデータ作成:ダイアログ02
給与明細ワードがダウンロードされます。
※ダウンロードと同時に支払データが作成され、給与一覧(支払指定)で検索可能になります。
※給与明細再ダウンロードは、給与一覧(支払指定)ページで行えます。